HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+RECENT COMMENTS
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+PROFILE
+LOGIN
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
秋色の志野茶碗

県外から毎年定期的に来てくださいます方々をはじめ、宮崎県から初めてお越しいただきました方もおられ愛媛の与州窯工房は賑やかでした。今月のお茶を飲もう会後も東京から初めてのお客様をお迎えいたしました。焼きものや和歌に精通されました方でしたので藤田先生との会話もはずみ、私もご一緒させていただき色々勉強させていただきました。皆様とは11月に府中市郷土の森博物館で再会のお約束をいたしましたので心待ちにいたしております。そして、新たな出逢いを楽しみにいたしております。

 

※11月10日の与州窯工房でのお茶を飲もう会は東京での茶陶展のためお休みさせていただきます。

 

 

貫入が際立ちました火色の志野茶碗です。今秋、お客様にはこの志野茶碗で召上がっていただくことが多いのは貫入好きの私のお勧めだからです。過日の酒席では、この手の無地志野のぐい呑を藤田先生よりお借りいたしましたためツイツイ飲み過ぎてしまいました。持ち具合、口当たりのたいへん良いぐい呑でした。

 

茶陶展『桃山志野現代に焼く』の会場では、ご来場のお客様にメッセージ欄を設けました「芳名カード」をご用意させていただいております。ご意見やご感想の他にご質問も多数お寄せいただいておりますが、その中に貫入についてのご質問に藤田先生がお答えくださっておりました。


Q- 藤田先生の志野の貫入が釉面の下に入っているのはなぜですか?
A- 素地と釉の膨張率の差などによって釉面に細かいひびの入った状態を貫入と呼びますが、私の焼いた志野の貫入は百草土と釉薬の間に入っていますので、その表面はガラス質でツルツルしています。その珍しい現象に興味を持たれた焼きものに詳しい方をはじめ研究者の間でも様々な見解が挙がりました。例えば、「貫入は○○度あたりで入りはじめるのではないか」とか、「冷却中に入るのではないか」とかです。結局、憶測の域は出ず未だ謎のままです。こういう理解できない現象を「自然の成せる業」というのでしょうか。ただ、一般的に貫入と呼ばれるものと私の焼いた志野に出来る貫入とはあきらかに異なりますが、例えようがないため「貫入」という言葉を使っています。

 

 

| 茶碗・茶道具 | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
窯焚き

一か月ほど前から窯組みがされ窯の中で待機中の志野茶碗たち(窯の入口からは積まれたサヤしかみえませんが・・・)を時々覗いておられました藤田先生。寒くなるのが待ちきれなかったのでしょうか先日、窯に火を入れられました。長さが7メートルもあります見上げるほど大きな薪窯に赤松の丸太(直径20〜30cm、長さ60cmぐらい)が次々と窯へ投げ込まれていきます。ゴォー、ゴォー、パチパチッと音を立てて燃え盛る火の勢いに「熱い!怖い!」と思いながらも滅多に無い機会だと思い写真を撮らせていただきました。

良いお天気でしたが、熱気で周りの風景がぼやけて見えました。

 

 

大きすぎて焚き口から入らない赤松の丸太を割るのも大変です。


窯焚きからまる四日間が過ぎました頃に窯が予想以上に膨張して浮き上がり火が噴き出したということもありまして、残念ながら今回の窯焚きは途中で断念されました。結局、3トンもの薪を焚いていたそうです。数をこなし改良を重ねながら今までに、その焼きものに合った窯を大小合わせて三十近くも手造りされて来られました藤田先生ですから更に頑丈な窯が出来上がることと思いますが、さすがに次の窯焚きは寒くなってからのようです。

| 陶 芸 | 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
志野茶碗 銘「奥磯」

府中市郷土の森博物館様での茶陶展ポスターが出来ました。写真は奥磯(おきそ)と銘の付いております志野茶碗です。実際にお手に取って肌触りや手取りなどがご体感いただけます。

『桃山志野現代に焼く』藤田登太郎 茶陶展                  
■会場: 府中市郷土の森博物館 [旧田中家住宅 和室]
           東京都府中市南町6-32    ―博物館入場料 大人300円―

■会期: 2019年11月6日(水)〜10日(日)  9時〜17時(入場は16時まで) 

           ※初日は11時〜/最終日は15時まで

| 茶陶展ご案内 | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
香川県でのお茶を飲もう会を終えて

史跡高松城跡玉藻公園内 披雲閣での『お茶を飲もう会』が終わりました。香川県内はもとより、県外からも大勢ご参加いただきありがとうございました。
前回、香川県にお邪魔いたしましたのは2010年の茶陶展でしたので9年ぶりでした。その時は披雲閣の142畳もの大書院に志野茶碗などのお茶碗が60点も並ぶという壮大なイベントでしたので、搬入や搬出時のたいへんさや大掛かりな飾り付けをお手伝いしてくださいました方々のお顔が思い出されます。今回も懐かしい方々との再会もあり、終始笑顔で楽しそうな藤田先生でした。

会場となりました披雲閣「杉の間」は思いのほか広く6部屋40畳からなっておりましたので、10碗余ってのお茶碗が展示されました。藤田先生がこのお茶を飲もう会のために書かれました和歌2点と「思無邪」「儘心」、が床の間四カ所に掛けられ、こちらも好評でした。

今回も、藤田先生が短冊をプレゼントしてくださいました。100枚ほどご用意くださいました短冊の中に、床の間のお軸の和歌と同じものがないかと熱心に探される方もいらっしゃいました。


山藍で 染めし衣も 彩あせて かげのみにほす 夏ゆかた憂し
( やまあいで そめしころもも いろあせて かげのみにほす なつゆかたうし )

| お茶を飲もう会 | 12:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
井戸茶碗と萩茶碗

6月の松山城二之丸史跡庭園 茶室「観恒亭」でのお茶を飲もう会の折に別注で作っていただきました和菓子(あじさい)がたいへん好評でしたので、しばらくのあいだ継続して同じ味のものをベースに作っていただくことになりましたようで、7月のお茶を飲もう会では青緑色の山と白い空の対比が爽やかな「夏山」と名前が付きました和菓子、そして今月は京都の大文字焼きをモチーフにしました風情ある和菓子で、毎年夏の恒例となとなっております冷たいお抹茶をいただきました。先日、熱中症対策といたしまして効果的に体温を下げるには手のひらを冷やすと良いという情報をテレビより得ましたが、以前から藤田先生が「大きな氷がゴロゴロと入った冷たいお茶碗を手に持ってもって長い時間楽しんでいると涼しくなる」とおっしゃっていらしたことは理に適っていたのだと思いながら、瀬戸黒茶碗の中の抹茶色に染まりました氷をカチャカチャと揺らしながら涼をとりました。

 

今月のお茶を飲もう会では井戸茶碗、萩茶碗が複数碗展示されておりました。それぞれ趣きが異なりますので、皆様お手に取って熱心に鑑賞されておられました。

 

※9月10日の与州窯工房でのお茶を飲もう会はお休みさせていただきます。尚、9月1日(日)は香川県高松市の史跡高松城跡 玉藻公園内にあります披雲閣「杉の間」におきまして『藤田登太郎とお茶を飲もう会』が行われます。皆様お誘い合わせて是非お出掛けください。

| 茶碗・茶道具 | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
『藤田登太郎とお茶を飲もう会』in 香川

 

史跡高松城跡 玉藻公園駐車場より撮影

 

9月1日(日)に香川県高松市の史跡高松城跡 玉藻公園内にあります披雲閣「杉の間」におきまして『藤田登太郎とお茶を飲もう会』を開催することとなりましたのでご案内申し上げます。会場であります披雲閣「杉の間」は6部屋(40畳)ありますので、与州窯工房に常設のお茶碗を香川県の皆様にもご覧いただけますよう準備を進めております。お近くの方は是非ご参加ください。

 

■日時:2019年9月1日(日)
午前 10時 〜 午後 4時30分(4時までにお入りください)
■会場:披雲閣「杉の間」
香川県高松市玉藻町2番1号(史跡高松城跡 玉藻公園内)
■会費:1.000円

※跡高松城跡 玉藻公園の入園料は大人200円です。

| お知らせ | 10:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
初お目見えの志野茶碗と志野水指

お茶碗の入れ替えや展示場所の移動等によりまして、昨日(7月10日)のお茶を飲もう会は新鮮な感じがいたしました。県外から何年かぶりにご参加くださいました方とのお話にも花が咲きましたようで、皆様たいへん楽しそうでした。今回も別注で作っていただきました「夏山」と名前の付きました美味しいだけでなく見た目も爽やかな和菓子も好評で良かったです。

 

初お目見えの志野水指と志野茶碗です。

 

 

黄瀬戸三兄弟。趣きの異なる黄瀬戸茶碗が三碗並んでおりました。

| 茶碗・茶道具 | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
松山での『藤田登太郎とお茶を飲もう会』を終えて

松山城二之丸史跡庭園 茶室「観恒亭」での初めての『藤田登太郎とお茶を飲もう会』でしたが、県内はもちろん県外からもご参加いただき賑やかで楽しい会となりました。午前中に見えられました初めての方が午後からお連れ様方を同伴されて再びご参加くだったことがたいへん有り難く、特に印象に残っております。遠方をわざわざご参加くださいました皆様に心より御礼申し上げます。

 

 

茶室「観恒亭」玄関より

 

 

小間の茶室より


受付後、藤田先生がたくさんご用意してくだっておりました短冊の中から、自分好みの和歌(同じものは無かったらしい)を選んで頂戴することが出来ましたので最初から皆様のテンションは上がっておられました。別注でご用意してくださいました美味しいと好評でした和菓子(あじさい)や、今回は皆様に志野茶碗で飲んでいただこうとご準備くださった無地志野茶碗や絵志野茶碗がテーブルの上に所狭しと20碗ほど並べられており、その中から自分好みのお茶碗をそれぞれ選んで頂きました美味しいお抹茶に皆様のテンションは更に上がられたご様子でした。

| お茶を飲もう会 | 13:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
金華山窯変志野ぐいのみ

『ぐい呑』コーナーに新しく金華山窯変志野ぐい吞(335)を掲載いたしました。

土と釉薬の間に育った貫入なので、その表面はツルツルです。

 

 

自然のなせる業って凄い!

こんな金色の真珠玉を閉じ込めたような見込み、見たことありますか?

| ぐいのみ | 14:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
『藤田登太郎とお茶を飲もう会』in松山

新居浜市の藤田先生の与州窯工房で毎月10日に開催いたしております『お茶を飲もう会』ですが6月10日はお休みをさせていただき、6月16日(日)に松山市の二之丸史跡庭園内にありますお茶室「観恒亭(かんこうてい)」で『藤田登太郎とお茶を飲もう会』を開催することになりましたのでご案内申し上げます。賑やかで楽しい会ですのでお近くの方は是非ご参加ください。

 

日時: 2019年6月16日(日) 午前10時〜午後3時30分まで

会場: 松山城 二之丸史跡庭園  茶室「観恒亭」 愛媛県松山市丸之内5番地    

会費: 1.000円

| お知らせ | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) |