HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+RECENT COMMENTS
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+PROFILE
+LOGIN
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
萩茶碗

知識の無い私にとりまして、抹茶茶碗の撮影はたいへん難しいということを前回のブログで書かせていただきましたが、その直後のお茶碗掲載ということで少しプレッシャーがかかっております。それそれれのお茶碗のもつ魅力が少しでも伝わればと雰囲気重視で掲載させていただきました。

 

やきものについても知識の無い私がお茶碗の写真を掲載させていただく時に、これまた困りますのがお茶碗の種類(呼び名)を知らないことです。時代、地域、陶材、窯の様式、灰の割合、そのほか様々な細かい違いによりましても呼び名が異なることがあるようですので、こちらもたいへん難しいです。幸いなことに私は、焼かれましたご本人に直接お尋ねすることが出来ますので間違うことが無いという点におきましては安心いたしております。

前回のお茶碗掲載にあたりまして、私が萩茶碗(古萩のような貫入が特徴)だと思っておりました他にも青味を帯びました萩茶碗や白い萩茶碗(白萩)があることを知りました。藤田先生に教えていただきましたのは、青く発色するのは籾灰、白く発色するのは藁灰を釉薬に使用しているのだそうです。特に薪で焚くと発色が良いので、その違いがはっきりと分かるようです。

白い発色の萩茶碗(藁灰)と、青い発色の萩茶碗(籾灰)です。同じように並べて撮影いたしましても、向きによりまして口辺の開き具合が異なって見えます。同じように見えるお茶碗も、並べてみるとその違いがよく分わかります。

 

白い発色の萩茶碗(藁灰)

 

 

 

 

 

青い発色の萩茶碗(籾灰)

 

 

 

 

与州窯工房に展示されております、たくさんのお茶碗を見ながら藤田先生がいろいろと解説をしてくださいました。陶芸をされる方も何人かいらっしゃいましたので、専門的なお話もおうかがいすることができました。その際に話題に上りましたのが、見込み側面に胆礬(たんぱん)が偶然に入ったという黄瀬戸茶碗と、草青磁というお茶碗でした。

 

黄瀬戸茶碗

 

 

 

 


草青磁茶碗

 

 

 

| 茶碗・茶道具 | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
与州窯工房へ展示中の茶碗たち

昨日は今年最初のお茶を飲もう会でしたので、年始のご挨拶を兼ねられました大勢のお客様が与州窯工房へ見えられたいへん賑やかでした。皆様とご一緒に「とらや」さんの羊羹でお抹茶をいただきましたが、私は前夜のテレビで「とらや」さんこだわりの和菓子を目にしておりましたので何だか得をしたような気持でした。珈琲に合うようにと、藤田先生がお願いして作っていただいたという栗入りのパウンドケーキも好評でリクエストをいただいたほどです。

 

前回の「藤田先生が二十歳代に焼かれた茶碗たち」で、唐津茶碗の高台と見込み内の写真が上手く撮れず掲載できておりませんでした。ご要望をいただきましたので撮り直して掲載いたしました。お手数ですが、前回の茶碗と照らし合わせてご覧ください。

 

 「絵唐津」の高台と見込み

 

 

 

 


他のお茶碗も一緒に撮影いたしましたので、そちらもご覧になってください。

 「伊羅保茶碗」 

 

 

 

 「粉引茶碗」

 

 

 

  「織部ばたらい茶碗」

 

 

 

 「黄瀬戸茶碗」

 

 

 

 「織部黒茶碗」

 

 

 

 「志野茶碗」

 

 

 

 「志野茶碗」

| 茶碗・茶道具 | 10:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
藤田先生が二十歳代に焼かれた茶碗たち 

今、藤田先生が二十歳代に焼かれたという井戸茶碗や萩茶碗などの開き茶碗にも熱い視線が注がれております。藤田先生は、このような開き茶碗を経て桃山志野の再興を目指し志野茶碗を焼かれるようになったのだそうです。
お客様に「このお茶碗は古いものですか?」と尋ねられる度に私は、「藤田先生が二十歳代に焼かれたもので、もう五十年以上は経っていますから古いと言えば古いですね。」とお答えいたしております。茶陶展『桃山志野現代に焼く』では、そのタイトルのように志野茶碗中心の展示となっておりますので開き茶碗をご覧いただく機会があまりありません。そこで、お尋ねくださったお客様には「愛媛の与州窯工房へ来ていただければ様々な種類のお茶碗がたくさんご覧いただけますよ。」とお声掛けいたしておりましたところ、大勢のお客様が県外からわざわざ足を運んでくださるようになり、たいへん有り難く思っております。

愛媛の与州窯工房では年末に展示替えがされ、志野茶碗の他にも今まで展示されたことの無い井戸茶碗、萩茶碗、唐津茶碗、粉引茶碗、伊羅保茶碗などの各種お茶碗がたくさん並んでおります。

 

 「井戸茶碗」

 

 

 

 

 

 「萩茶碗」

 

 

 

 

 

 「唐津茶碗」

 

 

 

 

 「斗々屋茶碗」

 

 

 

 

 

 「萩茶碗 (籾灰)」

 

 

たくさん展示されている中から、私好みのお茶碗を掲載させていただきました。実物は見どころがたくさんあって、もっともっと素敵ですよ。

 

| 茶碗・茶道具 | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
志野花入

畠山記念館での茶陶展が25日(木)より始まります。また皆様にお逢いできますことを楽しみにいたしております。皆様お誘い合わせて是非遊びにお越しください。

 

志野水指のミニチュア版のような容姿をいたしました志野花入です。もう随分昔に焼かれたもので、当時焼かれました数も少なかったということで現在は藤田先生の手元にもこの志野花入だけしか残っていないそうです。しかし、藤田先生の与州窯工房では志野茶碗をはじめ各種茶碗や水指、茶杓などが数多く展示されておりますので自然と隅へ追いやられるという格好となっておりました。味わい深い良い作品ですのにたいへん残念なことだと思い、今回ご紹介させていただきました。

口径12僉高さ13.5僉小さいながら迫力満点の志野花入です。よく焼けた肌には、桃山志野お約束の貫入もバッチリと入っております。

裏面に小さな穴。掛花入にもなります。

| 茶碗・茶道具 | 10:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
瀬戸黒茶碗

藤田先生は5度目の窯焚きを終えられ、新しく瀬戸黒茶碗が何碗か誕生いたしております。

高級感があり神秘的な印象を受けます黒茶碗。抹茶の緑との対比が美しいこともあり人気の高い茶碗です。「ピカピカの肌と艶消しの肌、どちらの瀬戸黒茶碗が好みですか?」黒硝子のような真っ黒な肌の瀬戸黒茶碗と詫び寂びが感じられるマットで落ち着いた雰囲気の瀬戸黒茶碗を前に、お客様との会話です。焼き上がったばかりの瀬戸黒茶碗でお抹茶をいただくという幸運に恵まれました今月のお茶を飲もう会でした。

藤田先生が撮影されました瀬戸黒茶碗です。削りの美しさと様々な色彩が秘められた黒の奥深さ、そして品の良さが際立っております。

| 茶碗・茶道具 | 09:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
志野茶碗と井戸茶碗の掲載

藤田登太郎先生のホームページ『桃山志野現代に焼く』の「志野茶碗」コーナーに志野茶碗が3碗、「その他の作品」コーナーに井戸茶碗と瀬戸黒茶碗が新しく掲載されておりますのでご覧ください。

「志野茶碗」コーナーに掲載されております志野茶碗

 

「その他の作品」コーナーに掲載されております井戸茶碗

| 茶碗・茶道具 | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
展示茶碗の入れ替え

愛媛の与州窯工房内に展示されております茶碗が入れ替えされました。今までに見たことの無い茶碗が多数並びました。

 

 

白い釉薬がたっぷりと掛かり、優しさに包まれたような雰囲気が魅力の志野茶碗です。描かれた絵が半透明の釉薬を透して見え隠れする様に風情が感じられます。

 

 

迫力満点、質感が個性的でありながら品格も備わった志野茶碗です。赤く艶めかしい艶肌全体に貫入が入っていて不思議な魅力が醸し出されています。

 

 

ドッシリとした大らかで安心感のある造形を有した志野茶碗です。素朴であたたか味ある色合いの肌に懐かしさが感じられます。

 

| 茶碗・茶道具 | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
志野水指の蓋

充分に観察しても作れそうで作れないものはたくさんありますが、藤田先生の志野水指の蓋の持ち手もその一つでした。ユニークで可愛らしい形の持ち手がどのようにして作られたのだろうかという疑問に、藤田先生はわざわざ粘土を持ってこられ実際に作って見せてくださいました。簡単そうに思えましたので私たちも同じように何度もしつこく挑戦してみましたが藤田先生のような味わい深い表現には至りませんでした。単純なものほど難しいって本当ですね。

粘土で作った単純な形に志野釉が厚く掛けられ焼かれると、また一段と見どころが増え良い雰囲気になります。

| 茶碗・茶道具 | 10:53 | comments(2) | trackbacks(0) |
“志野焼” 鼠志野の茶碗
6月9日から6月12日まで畠山記念館で開催されます「桃山志野現代に焼く」藤田登太郎 茶陶展のDМに起用されました鼠志野「唐橋」です。今回、初めての展示となります。
| 茶碗・茶道具 | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
煤竹の茶杓
先日ご紹介いたしました藤田登太郎作、煤竹の茶杓が完成いたしました。今回はご自身の目で茶杓に使える枯れきっていない煤竹を選んでこられておりましたので曲げの段階での折れが比較的少なかったようです。200年も経ちました煤竹は、いろいろな意味で重さを感じます。茶杓には銘がつけられ、共筒共箱を完備いたしました次第のほかにも和歌が詠まれるのだそうです。

煤竹をご提供してくださいました方とのお約束がございましたので掲載させていただきました。あの煤竹が時代を超え、このような趣のある茶杓に生まれ変わりました。
| 茶碗・茶道具 | 14:18 | comments(0) | trackbacks(0) |