HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+RECENT COMMENTS
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+PROFILE
+LOGIN
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『 茶碗と茶杓 』 展が始まりました

与州窯工房で、 『 茶碗と茶杓 』 展が始まりました。



地元のケーブルテレビ、ハートネットワークの方が取材に来てくださり、 「 お茶碗を撮るのは難しい 」 とおっしゃりながら熱心に撮影してくださいました。
ピンク色で片身がわりの無地志野茶碗の前で長時間 悪戦苦闘されていらしたのをご覧だった藤田先生、帰り際にその展示中のお茶碗でお茶を召し上がっていただき その労をねぎらいました。

薄紫、ピンク、ベージュのグラデェーションが見どころの素敵な無地志野茶碗です。


『茶碗と茶杓』展
■会期 2013年11月11日(月)⇒24日(日)
午前11時〜午後4時
■会場 与州窯工房 
愛媛県新居浜市萩生字河の北66-2
TEL/FAX(0897)40-0226



藤田登太郎オフィシャルサイト「桃山志野現代に焼く」

| 茶 碗 展 | 12:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
『 茶碗と茶杓』 展


藤田先生の与州窯工房で11月11日(月)〜24日(日)まで、『茶碗と茶杓』展が行なわれます。ご案内状を作るための写真撮影の場に居合わせましたが、お茶碗や茶杓・和歌の配置決めも たいへんそうでしたが特に光と影のバランスが重要らしく太陽の出番待ちという場面もありました。因みに、掲載写真は私が撮影したものです。


■会期 2013年11月11日(月)⇒ 24日(日)
午前11時〜午後4時

■会場 与州窯工房  
愛媛県新居浜市萩生字河の北66-2
TEL/FAX(0897)40-0226


 

藤田登太郎オフィシャルサイト「桃山志野現代に焼く」

| 茶 碗 展 | 13:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
茶碗展が終りました

藤田先生の工房での茶碗展が終りました。ご来場いただきましたお客様には心より御礼申し上げます。
茶碗展の会期は終りましたが、まだ暫くはそのまま展示しているそうですので、ご覧になりたい方はご連絡の上、お越しいただければと思います。


茶碗展の最終日、関西からお越しいただいておりました最後のお客様たちをお見送りさせていただきました後、後片付けをいたしておりました藤田先生と私に嬉しいサプライズが・・・。
戸締りの終わりました玄関ドアを 「トン、トン 」 と叩く音。開けてビックリ! それは東京からの懐かしいお客様の笑顔でした。広島県からの帰りに、わざわざ愛媛県の藤田先生の与州窯工房へ立ち寄ってくださったのです。
 「 車よ、早く走れ! 」 と念じながら来たのだと言う若い彼。この後、松山空港から飛行機で帰る予定だということで滞在時間はわずか30分間という短い時間でしたが、前回来ていただきました時に手伝ってくださいました窯の完成をご覧になりながら懐かしい話に花がさきました。



花が咲いたと言えば・・・
玄関に活けられておりました松竹梅。いつの間にか梅の花が見事に咲いておりました。



藤田登太郎オフィシャルサイト「桃山志野現代に焼く」

| 茶 碗 展 | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
展示替えされております

10日に続き、20日に ほとんどのお茶碗が展示替えされました。
〔 左から 井戸茶碗、志野茶碗、井戸茶碗 〕

今回の展示で、藤田先生が自分の志野茶碗の中でも珍しいとおっしゃっていらしたのが真ん中のお茶碗です。 
瀬戸黒のお茶碗にしようと縦に箆を入れ造形したものの上に志野の釉を掛けてしまったのだそうです。角があるので どちらかといえばカッチリとした印象ですが、火色が出ているので優しい雰囲気のお茶碗となっております。


〔 左から 膳所焼茶碗、堅手井戸茶碗、瀬戸黒茶碗 〕

艶消しの真っ黒な瀬戸黒茶碗が、焼物のお好きな方々の目にとまったようで熱心にご覧いただいておりました。


〔 左から 井戸茶碗、織部茶碗、黄瀬戸茶碗 〕

黄瀬戸茶碗の軽さには皆様 驚かれたご様子で、「 紙で出来ているかと思った。 」 と その軽さを表現された方もいらっしゃったほどです。


藤田登太郎オフィシャルサイト「桃山志野現代に焼く」

| 茶 碗 展 | 13:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
展示のお茶碗が替わります
お正月に活けました松竹梅。氷のはる冷たさに耐えながら与州窯工房の玄関先で頑張ってくれております。
かたかった梅の蕾が日増しに膨らんできておりますので開花が待たれます。


昨日は、昨年の秋に茶陶展を行ないました宮城県仙台市よりお客様が来てくださっておりました。来てくださるとのお約束はいたしておりましたが、こんなに早くお逢い出来るとは思ってもおりませんでしたので大感激でした。
工房では10日に展示がえがなされましたが、明日(20日)も展示のお茶碗が替わるそうですので 楽しみにお越しください。



藤田登太郎オフィシャルサイト「桃山志野現代に焼く」


| 茶 碗 展 | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
茶碗展 開催中
藤田先生の与州窯工房で、工房では初めての茶碗展が始まっております。県内外はもとより、有り難いことに県外からもぞくぞくと藤田先生のファンの方々が愛媛県へ集まって来てくださっており、久しぶりにお逢いする皆様方に藤田先生もたいへん嬉しそうです。会場では各種お茶碗が70碗ほど展示されておりまして、どのお茶碗も いつものようにお手にとってご覧いただけます。点数、お茶碗の種類が多く充分に楽しんでいただます滅多に無い機会となっておりますので是非ご高覧ください。

色々な種類のお茶碗にちょっと興奮気味。写真を撮ってみましたが、残念ながら上手く撮れませんでした。言い訳ですが、お茶碗の写真撮影は本当に難しいです。






藤田登太郎オフィシャルサイト「桃山志野現代に焼く」
| 茶 碗 展 | 13:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
茶碗展が始まります

あけまして おめでとうございます。
gallery窯倉を開設いたしまして四度目の お正月を無事に迎えることが出来ました。大勢の皆様がgallery 窯倉をご覧くださっていることを励みに今まで続けて来られましたことに感謝いたしております。本年も、どうぞ よろしくお願い申し上げます。

明日から、藤田先生の工房に於きまして工房では初めての 『  茶碗展  』  が始まります。
全国で開催中の茶陶展 『 桃山志野現代に焼く 』 とはまた違った作品群で、ご来場の皆様方を楽しませてくれますので、お正月休みを利用して是非お越しください。

     ■ 会期 … 2013年1月2日(水) ⇒ 31日(木) 午前11時〜午後4時
     ■ 会場 … 与州窯 工房   愛媛県新居浜市萩生字河の北66-2
                           筺0897-40-0226

茶陶展ではお馴染みで人気の高い志野茶碗 山里、浦かすみ、石鎚、逢来、御嵩も展示されております。


藤田登太郎オフィシャルサイト「桃山志野現代に焼く」

| 茶 碗 展 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
新春 『 茶碗展 』 ご案内

去年、今年のお正月に愛媛県の与州窯 工房におきまして ぐいのみ展が開催されました。 「 お正月に、地元の人にも志野の ぐい呑みで美味しいお酒を飲んでもらいたい。喜んでもらいたい。 」 との藤田先生の想いからだったのですが、県外で開催いたしております茶陶展 「 桃山志野現代に焼く 」 の会場では作品販売はいたしておりませんので、そのことをご存知の県外からのお客様にも大勢お越しいただきまして、たいへん賑やかな ぐいのみ展となりました。お客様同士の楽しい交流もありましたようで良かったと思っております。

来年は、下記 日程で  『 茶碗展 』  が行なわれることになりました。志野茶碗や井戸茶碗、萩茶碗、唐津茶碗、瀬戸黒茶碗、伊羅保茶碗、黄瀬戸茶碗などのお茶碗は勿論、藤田先生のホームグランドでの開催ということもありますので、茶陶展ではご覧いただいたことの無いお茶碗なども数多く展示されます。また、宮城県での茶陶展で初展示されまして好評をいただきました志野水指や茶勺、ぐい呑みなどもご覧いただけます。展示の作品は、いつものようにお手にとってご覧いただけますので、重さや持ち具合なども実際にご体感していただければと思います。来年も、お正月休みを利用していただきまして是非 藤田先生の与州窯工房へお集まりください。


■会期: 2013年1月2日(水) ⇒ 31日(木)  
午前11時〜午後4時
■会場: 与州窯 工房   
愛媛県新居浜市萩生字河の北66-2
TEL 0897-40-0226



今回、DMに使用されました井戸茶碗です。










藤田登太郎オフィシャルサイト「桃山志野現代に焼く」
■個展情報で、この井戸茶碗のアップ写真がご覧いただけます■

| 茶 碗 展 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) |