HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+RECENT COMMENTS
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+PROFILE
+LOGIN
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 喫 茶 道 | main | 茶碗展の真っ赤な看板 >>
まるで子供だよ

八十歳が近こうなっても焼物の道は完成が無い 
まるで自分を小僧だと思う時がある 
幸せですね

窯に火を入れる前の夜が一番楽しいね
幾つになっても夢があるんだ
計画を立てていても、いざ窯焚きとなると 
窯のほうがなかなか言うことを聞いてくれないんだよ

窯出しの前日なんか早くから目が覚めて眠られやせん
窯の温度が降下するのが、たまらなく待ち遠しいね 
幾つになっても、まるで子供だよ

以前に造られました22個目の大きな窯は只今、乾燥中です。乾燥には三ヶ月から半年ぐらいかかるのだそうです。ここ最近、藤田先生は23個目の窯を造っておられます。今度の窯は小さて志野は焼けないらしいのですが、どのようなお茶碗が生まれてくるのか今から楽しみです。


藤田登太郎オフィシャルサイト「桃山志野現代に焼く」

| エッセイ | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.gallery-kamakura.com/trackback/1296163