HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+RECENT COMMENTS
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+PROFILE
+LOGIN
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新居浜太鼓祭り | main | チャリティー名士寄贈書画工芸作品入札・即売会(大阪) >>
志野ぐいのみ、驚きの現象。

藤田先生の焼かれました最新作の志野ぐいのみ。
その驚きの現象とは・・・

昨日の夜、藤田先生は県外からお見えのお客様とご一緒に食事に行かれたそうです。その時に持って行かれましたのが、窯出しを終えたばかりの志野ぐいのみだったそうで、日本酒を入れた途端にバーッと浮き出てきた鮮明な貫入にたいへん驚かれたそうです。与州窯工房で一泊されましたその方から、その時の感動話をお聞きいたしましたので藤田先生に焼いたままの志野ぐいのみを何点かお借りし、さっそく皆でワイワイと楽しい実験です。


焼いたままの志野ぐいのみ。

水に浸けた志野ぐいのみ。一瞬で透明感が増し、細かい貫入が鮮明に浮き出てきました。しばらくそのまま放置いたしておりますと、また元のように戻ってしまいました。ちなみに、充分過ぎるほどよく焼きしめられた志野ぐいのみです。

 

| ぐいのみ | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.gallery-kamakura.com/trackback/1296439