HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+RECENT COMMENTS
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+PROFILE
+LOGIN
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 東京交通会館での個展 ご案内 | main | 初出品の志野茶碗 >>
よく育った志野ぐい呑み

昨日、「よく育ったよ。」とお客様から見せていただきましたのは、藤田先生の志野ぐい呑み2点です。よく焼けた艶々の肌に貫入が鮮明に入り、年を重ねた成果をうかがいしることが出来る志野ぐい呑みと、端正な造形で白っぽい色合いに雨模様が見事な志野ぐい呑みでした。特に白っぽいこのような雰囲気の藤田先生の志野ぐい呑みは見たことがありませんでしたので、何だか新鮮に感じました。お客様の自慢話は続いておりましたが、写真を撮らせていただきましたのでご紹介させていただきました。

 

使い込んで重厚さが増しておりますのに、その凛とした佇まいに品が感じられる志野ぐい呑みたちでした。

 

 

| ぐいのみ | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.gallery-kamakura.com/trackback/1296444