HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+RECENT COMMENTS
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+PROFILE
+LOGIN
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 金華山窯変志野ぐい呑 | main | 和歌 (卯の花) >>
瀬戸黒茶碗

藤田先生は5度目の窯焚きを終えられ、新しく瀬戸黒茶碗が何碗か誕生いたしております。

高級感があり神秘的な印象を受けます黒茶碗。抹茶の緑との対比が美しいこともあり人気の高い茶碗です。「ピカピカの肌と艶消しの肌、どちらの瀬戸黒茶碗が好みですか?」黒硝子のような真っ黒な肌の瀬戸黒茶碗と詫び寂びが感じられるマットで落ち着いた雰囲気の瀬戸黒茶碗を前に、お客様との会話です。焼き上がったばかりの瀬戸黒茶碗でお抹茶をいただくという幸運に恵まれました今月のお茶を飲もう会でした。

藤田先生が撮影されました瀬戸黒茶碗です。削りの美しさと様々な色彩が秘められた黒の奥深さ、そして品の良さが際立っております。

| 茶碗・茶道具 | 09:48 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.gallery-kamakura.com/trackback/1296478