HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+RECENT COMMENTS
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+PROFILE
+LOGIN
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 正木美術館、正木記念邸での茶陶展を終えて | main | 枯れ葉吹雪 >>
チャリティー展出品の「志野ぐい呑」

ぐい呑を入れる間道袋は、藤田先生が気に入った反物を入手した時に順次作られております。裏地もご自身で決められ京都で縫っていただいく間道袋は、当然その数にも限りがあります。そして、先に作ったものから無くなっていくため古いものはあまり残っておりません。現在、藤田先生の手元にあります間道袋です。どの間道袋もそれぞれに趣きがあって素敵ですが、設えの際にはそのぐい呑に一番似つかわしいと思われる間道袋を藤田先生が選んで付けてくださっております。

毎日新聞西部社会事業団(北九州)と毎日新聞大阪社会事業団(大阪)主催のチャリイィー展に今年も志野ぐい呑を2点ずつ出品されておられますが、その志野ぐい呑にも藤田先生が選ばれた間道袋が付けられております。お近くの方は、会場で是非ご覧ください。

 


■北九州、山口、福岡の三会場で開催されます。

毎日新聞西部社会事業団主催
2017年度チャリティー展『全国寄贈書画・陶工芸品即売展』
※詳細 (作品紹介ページにも掲載していただいております)

 

 

■大阪で開催されます。

毎日新聞大阪社会事業団
2017年度『チャリティー名士寄贈書画工芸作品入札・即売会』
※詳細

| お知らせ | 10:12 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.gallery-kamakura.com/trackback/1296510