HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+RECENT COMMENTS
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+PROFILE
+LOGIN
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< コーヒー豆の薄皮 | main | チャリティー展出品の「志野ぐい呑」 >>
正木美術館、正木記念邸での茶陶展を終えて

登録有形文化財であります正木記念邸様での二年ぶり、二度目の茶陶展を無事に終えることが出来ました。様々な方面におきましてご配慮を賜りました皆様に、ご遠方をわざわざお越しくださいました皆様に心より御礼申し上げます。

登録有形文化財の正木記念邸様。いたる箇所で匠の技を拝見することができ、たいへん感激いたしました。

 

志野茶碗22碗が一堂に会しました。初めてご来場くださいましたお客様は随分驚かれたご様子でした。

 

志野のぐい呑たちが気持ち良さそにお盆の上で日向ぼっこです。

 

お茶室には井戸茶碗、萩茶碗、伊羅保茶碗が展示されました。

 

藤田先生の地元であります愛媛県をはじめ、大阪近県、関東からもお越しいただきましたお客様が正木記念邸に集い、楽しい交流があちらこちらで見られました。

| 茶陶展後記 | 14:42 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.gallery-kamakura.com/trackback/1296513