HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+RECENT COMMENTS
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+PROFILE
+LOGIN
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 白椿の花びら | main | 梅まつり >>
萩茶碗

知識の無い私にとりまして、抹茶茶碗の撮影はたいへん難しいということを前回のブログで書かせていただきましたが、その直後のお茶碗掲載ということで少しプレッシャーがかかっております。それそれれのお茶碗のもつ魅力が少しでも伝わればと雰囲気重視で掲載させていただきました。

 

やきものについても知識の無い私がお茶碗の写真を掲載させていただく時に、これまた困りますのがお茶碗の種類(呼び名)を知らないことです。時代、地域、陶材、窯の様式、灰の割合、そのほか様々な細かい違いによりましても呼び名が異なることがあるようですので、こちらもたいへん難しいです。幸いなことに私は、焼かれましたご本人に直接お尋ねすることが出来ますので間違うことが無いという点におきましては安心いたしております。

前回のお茶碗掲載にあたりまして、私が萩茶碗(古萩のような貫入が特徴)だと思っておりました他にも青味を帯びました萩茶碗や白い萩茶碗(白萩)があることを知りました。藤田先生に教えていただきましたのは、青く発色するのは籾灰、白く発色するのは藁灰を釉薬に使用しているのだそうです。特に薪で焚くと発色が良いので、その違いがはっきりと分かるようです。

白い発色の萩茶碗(藁灰)と、青い発色の萩茶碗(籾灰)です。同じように並べて撮影いたしましても、向きによりまして口辺の開き具合が異なって見えます。同じように見えるお茶碗も、並べてみるとその違いがよく分わかります。

 

白い発色の萩茶碗(藁灰)

 

 

 

 

 

青い発色の萩茶碗(籾灰)

 

 

 

 

与州窯工房に展示されております、たくさんのお茶碗を見ながら藤田先生がいろいろと解説をしてくださいました。陶芸をされる方も何人かいらっしゃいましたので、専門的なお話もおうかがいすることができました。その際に話題に上りましたのが、見込み側面に胆礬(たんぱん)が偶然に入ったという黄瀬戸茶碗と、草青磁というお茶碗でした。

 

黄瀬戸茶碗

 

 

 

 


草青磁茶碗

 

 

 

| 茶碗・茶道具 | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.gallery-kamakura.com/trackback/1296525