HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+RECENT COMMENTS
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+PROFILE
+LOGIN
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 最新作の志野ぐいのみ | main | 絵志野茶碗 >>
茶陶展にご来場、有難うございました。

愛媛、東京間を茶陶展の作品(志野茶碗)を積んでご自分で運転されますので、皆様にはいつもご心配をおかけいたしております。今年も藤田先生は無事に帰ってきておりますのでご安心ください。

『桃山志野現代に焼く』藤田登太郎 茶陶展にご来場いただきました皆様、様々な面におきましてご配慮、ご協力を賜りました皆様に心より御礼申し上げます。今年も楽しく有意義な時間を大勢のお客様と共有させていただき大変有り難く思っております。ただ、回を重ねます毎にお客様も多くご来場くださるようになりましたので、行き届かない点が多々あり申し訳なく思っております。

毎年、何人かの方にはお声かけしていただいておりますが、今年の茶陶展でも「藤田先生の茶陶展開催のおかげで翠庵や明月軒を拝見することが出来、また室内からお庭を拝見する貴重な機会に恵まれて良かった。」とおっしゃってくださるお客様がいらっしゃいました。会場として使用させていただいております畠山記念館様の翠庵や明月軒は、一般公開がされていないため普段は閉まっているのです。今更ですが、そんな貴重な場所をお貸しくださっております畠山記念館様に、そしていつも笑顔で優しく対応してくださいますスタッフの皆様に心より感謝です。今年も有難うございました。

| 茶陶展後記 | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.gallery-kamakura.com/trackback/1296558