HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+RECENT COMMENTS
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+PROFILE
+LOGIN
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『藤田登太郎とお茶を飲もう会』in松山 | main | 松山での『藤田登太郎とお茶を飲もう会』を終えて >>
金華山窯変志野ぐいのみ

『ぐい呑』コーナーに新しく金華山窯変志野ぐい吞(335)を掲載いたしました。

土と釉薬の間に育った貫入なので、その表面はツルツルです。

 

 

自然のなせる業って凄い!

こんな金色の真珠玉を閉じ込めたような見込み、見たことありますか?

| ぐいのみ | 14:22 | comments(2) | trackbacks(0) |
金華山の焼き色 何とも言えない貫入と金色おまけに真珠の子が生まれて 日本酒を注げば尚良し
先生のぐい呑みは季節で使い分けしたいもの その日の気分で使い分けるコレクションが理想です。
| 焼物好き蓬山 | 2020/05/13 5:48 PM |
ご覧いただき有難うございます。藤田先生の作品は使用して楽しんでいただくのは勿論ですが、鑑賞出来るところが嬉しいですね。それぞれ個性があって写真でも楽しんでいただけるのが良いところです。
| 星川 | 2020/05/18 10:45 AM |









トラックバック機能は終了しました。