HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+RECENT COMMENTS
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+PROFILE
+LOGIN
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< お茶を飲もう会のご案内 | main | 和菓子 ハートが可愛い! >>
窯焼き

何十個もの窯を手造りしてきたという藤田先生、薪窯の補修作業が昨年末より続いております。壁面の厚みが65cmとなり、天井も2トンの土が入れられましたので厚みが増し、更に巨大化しガッチリとした窯になっております。先日は、何も入れず窯を乾燥するためだけに火を入れられました藤田先生。まさに「窯焼き」です。上から見ると天井全体に大きないくつもの亀甲模様の亀裂がはしっておりました。今後もその亀裂を埋め、更に天井に土を入れて固め、乾燥を待のだそうです。窯づくり、大変です。

| 陶 芸 | 10:49 | comments(0) | - |