HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+RECENT COMMENTS
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+PROFILE
+LOGIN
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 志野茶碗 “究極”の造形 | main | 藤田登太郎 油彩画 >>
24年前のTOTALO

探しものの折、「1996  TOTALO」とのサインが入りましたハガキ大のオイルワークの作品がたくさん出てきたそうで見せてくださいました。1000枚余ってあるというので、その枚数の多さに驚きながらも一点一点異なります藤田先生の世界観の面白さに、元々抽象画が好きな私は久々にテンションが上がりました。作陶の合間をぬっての絵画の制作、24年前とは言えそのバイタリティには驚かされます。「もう、このような絵は描けんなぁ」とおっしゃる藤田先生。そんなことは無いですよ。今でも志野茶碗や志野ぐい呑みの絵に充分反映されております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 絵画 | 14:10 | comments(0) | - |