HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+RECENT COMMENTS
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+PROFILE
+LOGIN
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 志野ぐい呑 新規掲載 | main | アートポスター >>
白いぐいのみ

品の良い涼し気な志野織部のぐい呑を見つけました。藤田先生が織部のぐい呑を焼くために準備していたものですが、志野茶碗を焼く際に中に入れるぐい呑の不足分を補うために急きょ、志野釉が掛けられたものだそうです。織部のアンバランスでひょうきんな造形に白くてヒンヤリとした肌、そこに織部ならではの水中のゆらぎの絵が相まって夏にピッタリな志野織部のぐい呑です。ひと時でも涼しさを感じていただければ嬉しいです。

 

 

 

 

| ぐいのみ | 13:16 | comments(0) | - |